No Manga! No Life!

おもしろいマンガとの一期一会を創造したい

激動の英雄譚の開幕。「アルスラーン戦記」1巻

アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス) アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)
著者:荒川 弘、田中 芳樹

出版社:講談社 2014-04-09
Kindle版:アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)

銀河英雄伝説」でも有名な田中芳樹さんの原作を「鋼の錬金術師」や「銀の匙 」で有名な荒川弘さんが描いた本作。アニメも2期が放映され、ますます人気が高まっていますね。今回はそんなアルスラーン戦記の第1巻の紹介になります。

 

あらすじ

戦で常勝を誇る強国「パルス」の王子・アルスラーンは、父のような立派な王となるべく剣の稽古に励んでいた。そんなある日、逃げ出した奴隷から子供を庇い、人質として捕らえられてしまう。奴隷から自分自身の常識とは違った考えを聞いたアルスラーンは、パルスの兵に助けだされた後も、奴隷のあり方に疑問を抱いていた。

そんな出来事から3年の月日が流れたアルスラーンが14歳の年、遠国の異教徒がパルスへの進行を開始。アルスラーンは遂に初陣を迎える。誰もがパルスの勝利を信じて疑わなかったが、パルス王都エクバターナは戦火と血に包まれてしまう。

故国を失った少年の英雄譚がここに幕をあける。

 

感想

アルスラーンの人柄に魅了される

現在の国王(アルスラーンの父)が筋骨隆々な見た目の通り強いリーダーシップを発揮するのに対し、アルスラーンは国民からも頼りないと思われている様子。ただ、その好奇心から自分と違う考えに対し否定から入らずフラットに受け止めることができ、どんな相手に対しても慈悲の心を持つアルスラーンは、父とは違った王としての器であるように思います。まぁ、あんな厳ついオッサン(王)と比べられたら、誰でも頼りなく見えてしまいそうですが(笑)

 

激動の運命

開戦前にアルスラーンは色々なことを危惧しますが、常勝を誇るパルス軍はその様子を鼻で笑ってしまいます。しかし、その危惧は的中し、敵国の罠にかかったパルス軍は全滅してしまいます。その罠というのが、アルスラーンにとってはかなり絶望的なもので、読んでて辛いものがありました。

 

ダリューン無双

そんなアルスラーンのピンチに単騎で駆けつけるダリューン。次々と敵兵を蹴散らしていきます。この人、負ける要素あるんだろうか?

ダリューン自身はアルスラーンを王の器として認めているような節がありましたし、信頼できる強い臣下がいて、本当に良かった。

 

アルスラーンはこの絶望的な状況にどう立ち向かっていくのか。2巻へ続きます。

広告を非表示にする