No Manga! No Life!

おもしろいマンガとの一期一会を創造したい

敵(ヴィラン)との遭遇。「僕のヒーローアカデミア」2巻

しばらく学園モノらしく授業だったり日常イベントの話が続くのかと思いきや、2巻ではいきなり非日常イベントに遭遇します。

 

1巻の感想はコチラ

nomanga-nolife.hatenablog.com

 

あらすじ

本格的な授業が開始し、いよいよ戦闘訓練を迎えたデク達。2対2の戦闘を行う訓練で、デクの対戦相手は何と爆豪であった。デクへの苛立ちを露わに襲いかかる爆豪に対し、デクは勇気を振り絞り立ち向かって行く。勝利の女神はどちらに微笑むのか。

そして、研鑽に励む未来の英雄達に途方も無い悪意が迫ろうとしていた。

 

感想

デクVS爆豪

デクとお茶子がヒーロー側、爆豪と飯田が敵側に分かれて戦闘訓練が始まります。爆豪はおよそヒーロー志望とは思えない形相でデクに突っかかってくるので、必然的にデクVS爆豪、お茶子VS飯田の構図になります。

手加減も出来なければ、使えば自壊してしまう個性のデクは個性無しで爆豪と渡り合います。これまで溜め込んだヒーローに関するオタク知識を使い、爆豪の猛攻を防ぐデクが凄いです。これまでの努力が報われて本当に良かった。

2人の決着は勝負の目的を忘れなかったデクに軍配が上がります。自尊心を粉々にされた爆豪とデクの溝が深まってしまったようで、今後、爆豪の闇堕ち展開が待っているのか、ちょっと心配です。

 

個性豊かなクラスメイト達

文字通り「個性」豊かです。中でも轟の「個性」が群を抜いていますね。「半冷半熱」という炎と氷を操る能力のようですが、建物を丸ごと凍らせてしまうとは恐れ入ります。炎のほうの出力は明かされてませんが、相手が近づくことを許さない強力な個性です。いや、ほんと、作中でも切島が言ってますが、最強じゃねぇか!!

 

雄英高校襲撃

オールマイトの命を狙い、事前にカリキュラムを調べあげた敵の一団が、デクのクラスの訓練中に襲撃してきます。オールマイトがいないことを知った敵はクラスの面々に襲いかかります。バラバラになった生徒たちは、それぞれ敵に立ち向かうことに。

そんな中、デクは「蛙」の個性を持つ梅雨ちゃんと「超くっつく」個性の峰田と協力し窮地を脱します。とっさの状況判断だったり、「個性」の活かし方に優れるデクはピンチの時に頼りになりますね。そういう特性は参謀とか指揮官向きなのに、受け継いだ個性がバリバリ前衛なのがアンバランスですが。

 

まだまだピンチが続く2巻でしたが、3巻ではこのピンチを脱することが出来るのでしょうか。

広告を非表示にする